キレイになって毎日笑顔で過ごしたいあなたに価値ある美容情報を

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違いを口コミレビュー

2020年 優秀!プチプラ美白化粧水おすすめ10選〜全商品口コミあり〜

LISA

プチプラからデパコス、海外コスメまで気になったアイテムは何でも試している、日本化粧品検定1級を持つコスメコンシェルジュで美容ライターのLISAです。

乾燥、シミ、くすみ、シワなど、さまざまな肌悩みに合わせて選べる無印良品のスキンケアシリーズ。

サイズも携帯サイズから大容量サイズまでそろっているため、用途に合わせて選べるのも嬉しいポイントです。

今回はそんな無印良品のスキンケアアイテムの中から、「敏感肌用 薬用美白化粧水」のノーマルと高保湿2種類についてご紹介いたします。

無印良品「敏感肌用 薬用美白化粧水」はこんなあなたにおすすめ!

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

  • 外で紫外線に浴びることが多い20代後半から30代の女性
  • プチプラの美白化粧水を探しているものの、種類が多くどの化粧水を買うべきか悩んでいる
  • 以前に他の無印良品の化粧水を試し、問題なく使えたため、今度は美白化粧水を試してみたいと思っている
  • 無印良品の美白化粧水を使いたいけど、ノーマルと高保湿、どちらが自分に合うのかわからない

さまざまな肌質、肌悩みに合わせた商品が展開されている無印良品の化粧水。これまでに一度は使ったことがあるという方も意外と多いのではないでしょうか。

そんな無印良品のスキンケアシリーズから登場している「敏感肌用 薬用美白化粧水」は、ノーマルと高保湿、2種類のタイプから選べる仕様となっています。

今回はそれぞれの化粧水の成分や使用感の違いから、肌悩みに合わせて選ぶべきポイントなどをご紹介。どちらを購入するべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

無印良品「敏感肌用 薬用美白化粧水」のノーマルと高保湿を比較してみた

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

画像は持ち運びに便利な携帯サイズ(50mL)のパッケージとなっています。

容器の見た目としては特に大きな違いのない2種類ですが、果たして成分や使用感はどのような感じになっているのでしょうか。

今回は2020年4月にリニューアルされたばかりとあり、ネットの口コミがまだほとんどないため、筆者個人による口コミでレビューしていきたいと思います。

成分の違いについて

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

ノーマルタイプと高保湿タイプ、それぞれに共通して配合されている有効成分は下記の2種類です。

【ビタミンC誘導体(ビタミンC・2-グルコシド)】
水溶性で安定性が高いビタミンC誘導体。メラニンの生成を抑えつつ、メラニン色素を還元してくれる効果があります。

【グリチルリチン酸2K】
マメ化の植物甘草由来。強力な消炎効果があり、肌荒れやニキビを抑える効果があります。

LISA

美白有効成分「ビタミンC誘導体」のパワーにより、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑え、なおかつ、多くの敏感肌用化粧品に配合されている「グリチルリチン酸2K」が肌荒れを抑えてくれます。

またその他の成分についても大きな違いはありませんでしたが、高保湿タイプにのみ「グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液」が配合されているという違いがありました。

こちらの「グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液」は、保湿性と保水性にすぐれており、しっとりしていてもベタつかない皮膜感を味わえる点が特徴の成分。

そのため高保湿タイプは、ノーマルタイプと比較すると、水分保持に特化した化粧水であることがわかります。

なお、どちらも無香料、無着色、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリーであり、弱酸性タイプの化粧水となっているため、敏感肌の方でも比較的試しやすい化粧水となっています。

使用感の違いについて

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

ノーマルタイプと高保湿タイプ、それぞれの使用感の違いについてですが、成分がほとんど同じということもあり、大きく違った点は見られませんでした。

ただ、筆者個人が肌に乗せた感触だけでみると、やはり高保湿タイプのほうが多少なりとろみの強いテクスチャーとなっています。

とはいえノーマルタイプでも十分にとろみを感じるテクスチャーだったため、普段、しっとりタイプの化粧水を使っている筆者でも十分に満足できる使用感でした。

ノーマルか高保湿か?あなたの肌悩みに合わせて選ぶポイント

成分や使用感の違いから、肌悩みに合わせて選ぶポイントをご紹介したいと思います。

購入する際、ノーマルタイプか高保湿タイプかでお悩みの方は、下記のポイントをぜひ参考にしてみてください。

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

【「敏感肌用 薬用美白化粧水・ノーマルタイプ」がおすすめの方】

  • 混合肌であるため、化粧水は乾燥している箇所だけ二度塗りしたい
  • 肌にすっとなじむ浸透性もありつつ、適度なしっとり感のある化粧水が好み
  • 化粧水をつける際は、手よりもコットン派。コットンにすぐ浸透する化粧水を探している

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

【「敏感肌用 薬用美白化粧水・高保湿タイプ」がおすすめの方】

  • 一年を通して乾燥肌体質であるため、とにかく保湿力の高い化粧水を使いたい
  • 化粧水塗布後のぺたっとした感触は特に気にならず、一度塗りだけで保湿力を実感できる化粧水が好み
  • 化粧水をつける際は、手のひら全体を使って肌を温めながら浸透させることが多い

LISA

また成分にはほとんど変わりがなく、とろみの強さに多少の違いがある点から、2種類を常備しておき、季節や肌状態に合わせてその日ごとに使用する化粧水を変えてみても良いかと思います。

無印良品「敏感肌用 薬用美白化粧水・ノーマルタイプ」の口コミレビュー

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

比較的どの肌質にも合いやすい使用感である、ノーマルタイプ。

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

画像を見るだけでもお分かりいただけるかと思いますが、通常のノーマルタイプの化粧水よりもとろみのあるテクスチャーとなっています。

気になる匂いもまったく感じないため、スキンケア中に匂いが邪魔をすることもなさそうです。

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

また肌に乗せた直後はとろみのあるテクスチャーを実感できますが、手のひら全体で伸ばしていくにつれ、すーっと浸透していく感じがあります。

塗布後はさっぱりとまではいかずとも、さらさらとした質感となるため、次のステップである乳液やクリームもすぐにつけることができそうです。

無印良品「敏感肌用 薬用美白化粧水・ノーマルタイプ」の内容量と商品価格

内容量50mL/200mL/400mL
価格490円(税込)/1,290円(税込)/2,290円(税込)

無印良品「敏感肌用 薬用美白化粧水・高保湿タイプ」の口コミレビュー

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

とろみのある皮膜感が味わえる、高保湿タイプ。

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

画像で見る限りだと、ノーマルタイプとの違いはあまりわかりませんが、実際は高保湿タイプのほうがややとろみをおびたテクスチャーとなっています。

ただ、香りに関してはノーマルタイプと同じく、まったく匂いを感じることがないため、匂いに敏感な方でも安心して使えそうです。

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

肌の上に乗せた瞬間からとろみのあるテクスチャーがまんべんなく広がっていきます。

そして塗布後もペタっとした感触のとろみが残っているため、乾燥が気になる方であれば、十分な満足感を得られる保湿力かと思います。

無印良品「敏感肌用 薬用美白化粧水・高保湿タイプ」の内容量と商品価格

内容量50mL/200mL/400mL
価格490円(税込)/1,290円(税込)/2,290円(税込)

無印良品「敏感肌用 薬用美白化粧水」と一緒に使って美肌効果をアップ!

LISA

スキンケアアイテムとあわせて使える便利グッズが豊富にそろっているのも、無印良品ならではの良さ!

無印良品の化粧水を使う際は、そんな便利グッズをうまく利用して、美肌効果をさらにアップさせちゃいましょう。

生成カットコットン(180枚入)

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

画像引用 – 無印良品公式サイト
https://www.muji.com/jp/ja/store

繊維が長い綿を無漂白のまま使用した、生成カットコットン。やわらかな肌触りであるため普段使いはもちろん、スペシャルケアでコットンパックをする際も心地よい感触が楽しめます。

価格:199円(税込)/180枚

ローションシート(全体用)圧縮タイプ

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

画像引用 – 無印良品公式サイト
https://www.muji.com/jp/ja/store

化粧水を含ませると、フェイスパックの大きさに広がるローションシート。

なんとこちら、無印良品で販売されている200mLタイプの化粧水のキャップにちょうどおさまるサイズ設定! キャップにシートを入れ、化粧水を注ぐだけで簡単にフェイスパックが完成するため、時短ケアにもおすすめのアイテムです。

価格:350円(税込)/20個

ローションシート(部分用)

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

画像引用 – 無印良品公式サイト
https://www.muji.com/jp/ja/store

目もとや口まわりなどのケアに使えるローションシート。乾燥が気になる箇所に化粧水を含ませたこちらのシートを貼るだけで、重点的な保湿ケアが可能に。20枚入りで100円(税込)というコスパの高さもうれしいポイントです。

価格:100円(税込)/20枚

ポンプヘッド・コットン専用 化粧水用

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

画像引用 – 無印良品公式サイト
https://www.muji.com/jp/ja/store

無印良品のスキンケアグッズの中でも大人気の付け替えヘッド。なかでもこちらのコットン専用ポンプヘッドは、店舗によってはたびたび売り切れになってしまうこともあるほどの大人気商品。

コットンを天面に押しあてると、化粧水がしみ込む仕組みとなっているため、毎回蓋を開け閉めする必要はなし! 片手で簡単にケアができるため、化粧水はコットンでつける派の方には必需品と言っても過言ではアイテムです。

価格:350円(税込)

ポンプヘッド 化粧水・乳液用

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

画像引用 – 無印良品公式サイト
https://www.muji.com/jp/ja/store

購入してきた化粧水や乳液のボトルに取り付けるだけで、中身をワンプッシュで出すことができる、化粧水と乳液専用のポンプヘッド。

手とコットン、どちらにも対応することができるポンプヘッドなので、その日の気分によってケア方法を変えるという方におすすめのアイテムです。

価格:190円(税込)

スプレーヘッド 化粧水用

無印良品 美白化粧水ノーマル&高保湿の成分や使用感の違い

画像引用 – 無印良品公式サイト
https://www.muji.com/jp/ja/store

ボトルに取りつけるだけで、通常の化粧水をミストタイプに変えることができるスプレーヘッド。メイクのうえから保湿し直す際などに便利なグッズです。

ただ高保湿タイプの化粧水は粘度が高く、付け替えてもうまく霧状にならないため、購入の際はよくご確認ください。

価格:150円(税込)

まとめ

2種類の化粧水から自分に合ったタイプを選べる、無印良品の「敏感肌用 薬用美白化粧水」。

普段使いはもちろん、無印良品の他アイテムと合わせることでプチプラ美白化粧水をスペシャルケアアイテムに変えることも可能です。

気になる方はまず携帯サイズから購入し、使用感などを試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です