キレイになって毎日笑顔で過ごしたいあなたに価値ある美容情報を

2020年おすすめの日焼け止めは?目的別にアイテムを厳選!

2020年おすすめの日焼け止めは

空山菜摘

ティーン誌での美容連載やブロガーとして活動の後、トータルビューティーの資格を多数取得。知識を活かしながら、等身大かつHAPPYになれるような情報を発信中の空山菜摘です。

暑い日が続き本格的な紫外線対策を意識し始めた方も多いはず。しかし、種類や特徴もブランドによって様々なため選ぶのが難しいですよね。今回は、TPOに合わせたおすすめの日焼け止めを厳選。実際に使用して選んだものばかりなので、ぜひアイテム選びの参考にしてくださいね。

この記事はこんなあなたにおすすめ!

  • 日焼け止め選びに困っている
  • TPOに合わせて日焼け止めを選びたい
  • 日焼け止めで肌荒れすることが多い

今回選んだのは全て、紫外線防御指数の高い「SPF50+/PA++++」の日焼け止めです。

コロナウイルスの影響で旅行や海やキャンプなどのレジャーは控える方が増えていますが、日中外に出ることが多い職種の方や、車を運転することが多い方にもおすすめ。

もともと私は、日焼け止めを顔に塗ることで肌荒れすることが多かったので、これまでも沢山の商品を試してきました。

さっぱりとしたテクスチャーで使いやすいものなどは増えていますが、まだまだ肌荒れしにくいと感じるものは少ないので、同じ悩みを持っている方にもぜひ参考にしていただきたいです。

2020年おすすめ日焼け止め選

肌が荒れにくい日焼け止め(韓国ブランド)

2020年おすすめの日焼け止めは

何度も使用して、一番肌荒れしにくいと感じたのが「dear,klairs(ディアクレアス)」から販売されている日焼け止めです。

「日焼け止めが苦手な人のための日焼け止め」とも言われているのですが、そのキャッチコピーがぴったりだと感じています。

白いパッケージの「ソフトエアリーUVエッセンス(左)」は販売直後から、韓国で有名なコスメ口コミサイト「GLOWPIC」でも1位に選ばれたりアワード受賞もしており、とても支持が高い人気商品。

紫外線吸収剤配合タイプでノンケミカルではありませんが、注意成分(韓国基準)が1つも入っておらず、敏感肌の方も気に入って使っていることが多いです。

青いパッケージの「ミッドデイブルーUVシールド(右)」が今年新発売された日焼け止めです。

こちらは紫外線散乱剤のみで製造されているため、ノンケミカル。鎮静効果のある「アズレン」も配合されているため、より敏感肌向けの処方になっています。

2020年おすすめの日焼け止めは

2020年おすすめの日焼け止めは

どちらも伸びが良いクリームで、べたつかないところが人気の秘訣。日焼け止め特有のきしみや乾燥を感じにくく、不快感が少ないです。

「ソフトエアリーUVエッセンス(上)」は無色透明で、スキンケアクリームのようなテクスチャー。よりしっとり感が強いです。過去の海外旅行へも何度か持って行っていますが、毎日顔にたっぷり塗っていても肌荒れすることがなく、日焼けしたと感じることも少なかったです。

「ミッドデイブルーUVシールド(下)」はパッケージと同じく、ほんのり青みのあるカラー。化粧下地のようにほんのりトーンアップしますが、白浮きするほどではないので安心。

白の「ソフトエアリーUVエッセンス」に比べるとセミマット寄りですが、乾燥したり伸びが悪いということもないので、使用感も特に劣って感じませんよ!

商品情報

SPF50+/PA++++ 80ml 約¥3,000円前後

肌が荒れにくい日焼け止め(日本ブランド)

2020年おすすめの日焼け止めは

日本のコスメブランドで荒れにくかったと感じる日焼け止めは「NALC(ナルク)」の「パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止めジェル」です。

エタノールや鉱物油などをはじめとした6つのフリー処方で、敏感肌の方だけでなく、お子様にも使用していただけるように処方されています。

保湿効果はもちろん、抗炎症作用のある「グリチルリチン酸2K」も配合されているので、肌荒れ中でも比較的使いやすいです。

ただ、海でシュノーケリングしていた時は少し焼けてしまったと感じることがあったので、スーパーウォータープルーフという割には落ちてしまうこともありそう。

2020年おすすめの日焼け止めは

2020年おすすめの日焼け止めは

2020年おすすめの日焼け止めは

ジェル状なので伸びがよく、べたつかないので塗り心地が良いです。また、水に濡れても乳化しないよう作られているため、白浮きすることもありません。

みずみずしいテクスチャーなので、ボディはもちろん、顔に塗っても不快感が少ないですよ。

スーパーウォータープルーフですが、クレンジング不要・石鹸で落とせる日焼け止めなので、

商品情報

SPF50+/PA++++ 60g ¥2,729(税込)

絶対焼けたく無い時はこれ!

2020年おすすめの日焼け止めは

「BioreUV」は、隙間焼けを防ぐために数年研究して作られた日焼け止めです。その中でもアスリズムシリーズは、汗や水だけでなく擦れにまで強く、耐久性の高さがピカイチ

潤い感あるテクスチャーの「アスリズム スキンプロテクトエッセンス」が特におすすめです。

焼けにくさに特化した日焼け止めは肌荒れしやすい傾向があったのですが、こちらは比較的荒れにくかった点も魅力。

炎天下で塗り直しの回数が少なくても「日焼けした」と感じることが少なく、海外旅行で使用したときも赤みが出たり肌が黒くなることはありませんでしたよ!

2020年おすすめの日焼け止めは

2020年おすすめの日焼け止めは

2020年おすすめの日焼け止めは

エッセンスタイプなので、クレアスやナルクの日焼け止め同様、みずみずしいテクスチャーです。

伸ばしていくと水っぽく広がって、全体へ伸ばすとしっとりフィットしてくれます。

最近は二層タイプの日焼け止めよりも、使用感の良いジェルタイプやみずみずしいクリームタイプが人気なので、こちらはまさにそんな使用感。

より落ちにくさを重視するのであればミルクタイプがぴったりなので、私は顔にエッセンスタイプ、ボディにミルクタイプを選んで使用することが多いです。

商品情報

SPF50+/PA++++ 70g ¥1,500(税抜)

環境に優しい!海でも使える日焼け止め

2020年おすすめの日焼け止め ドクターエルシア日焼け止め

今年販売された「Dr.Althea(ドクターエルシア)」の「スキンバランシングUVエッセンス」は、環境に優しい日焼け止めというところが最大の魅力。

最近はサンゴ礁を守るため、日焼け止めを塗ってはいけないビーチや、有害成分の入っていない日焼け止めしか使ってはいけないというビーチが実は増えています。

しかし、海外へ行くと、そういったビーチで使用しても良い日焼け止めが販売されていますが、現在の日本では通販でしっかり探さないと見つからないというのが現状です。

現在はコロナウイルスの影響で海外旅行へ行くことは実質できない状況ですが、沖縄をはじめとした海の近くに住んでいる方も多いはず。

もしかしたら、海に入るような仕事をされている方もいるかもしれません。

旅行へ行った時だけでなく、綺麗な海を守るためにも、環境に優しい商品で肌に合うものがあれば一石二鳥ですよね。

まさにこの日焼け止めが一石二鳥を叶えてくれるアイテムです。

2020年おすすめの日焼け止め ドクターエルシア日焼け止め

2020年おすすめの日焼け止め ドクターエルシア日焼け止め

2020年おすすめの日焼け止め ドクターエルシア日焼け止め

ほんのり白っぽく色づきますが、トーンアップクリームほどではなく肌に馴染んでくれます。

かなりしっとりするというわけではありませんが、さらっと仕上がるのに乾燥は感じません。

環境に優しいというと、紫外線カット効果が弱そうなイメージがあるかもしれませんが、SPF50+/PA++++と高いうえ、ウォータープルーフ処方。さらに、紫外線吸収剤を使用していないノンケミカルの日焼け止めです。

美容成分も配合されており、環境への影響を意識していなくても使用したいと思える高機能さですよ。

商品情報

SPF50+/PA++++ 50ml ¥5,600(税抜)

スキンケア感覚で使用したい人におすすめ

ドクターズコスメブランド「TSUDA COSMETICS」

クリニック発のドクターズコスメブランド「TSUDA COSMETICS」

スキンケアアイテムは肌状態が安定すると大人気で、美容家さんやモデルさんがお守りコスメとして愛用していることも多いほど。

そんな津田コスメから販売されている「UVカラーバーム」は、紫外線はもちろん、花粉やブルーライトなど、あらゆる刺激からお肌を守ってくれる最強アイテムです。

肌荒れが改善すると話題の「スキンバリアクリーム」をベースとしているので、スキンケアをしているような感覚。肌色っぽい色味で化粧下地・コンシーラー・ファンデの役割をこれ1つで担ってくれます。

敏感肌さんもこぞって愛用している話題の日焼け止めです!

ドクターズコスメブランド「TSUDA COSMETICS」

ドクターズコスメブランド「TSUDA COSMETICS」

かなりこっくりとした濃厚バームなので、指の腹で取って、スタンプを押すようにお肌全体に塗布していきます。硬めのクリームファンデーションのような感覚です。

さらっとしたものが好みの方には不向きかもしれませんが、使用感よりもお肌のことを一番に考えて作られているので、仕上がりよりも美肌作りを重視する方に向いています。

ドクターズコスメブランド「TSUDA COSMETICS」

手元に乗せている写真だけでは分かりづらいかもしれませんが、ベースメイクをしたかのように色むらを均等にカバーしてくれます。

厚塗りっぽく見えるほどハイカバーではないので、私はこれだけで仕上げても十分だと感じました。

ただし、かなりツヤツヤになるので、テカリが気になる方は部分的にパウダーを乗せても良いかもしれません。

軽く外に出るだけの日や、肌荒れしているけれど日焼け止めを塗りたいという時はイチオシの商品です。

商品情報

SPF50+/PA++++ 18g ¥5,600(税抜)

気になっている商品は?

SOFINA iP:UVレジスト リッチクリーム&ミルク

SOFINA iP:UVレジスト リッチクリーム&ミルク

商品情報

SPF50+/PA++++ 25ml 30g ¥3,000(税抜)

発売されたばかりだというのにも関わらず、すでに雑誌やメディアでも1位に選ばれているソフィーナipの日焼け止め。

ソフィーナipといえば土台美容液ですが、スキンケアに定評のあるブランドから発売される日焼け止めは、やはり気になります。

独自の保湿成分やセラミドを配合し、スキンケアで紫外線を防ぐことができるそう。塗りムラができないように設計されているらしく、こちらもアスリズム同様隙間焼けを防いでくれるんだとか。

「日焼け止め美容液」と謳っているほどなので、使用感にもかなりこだわっているらしく、日焼け止めを顔に塗るのに抵抗がある私もとても魅力的だと感じています。

FEMMUE:トーンアップUVクリーム

FEMMUE:トーンアップUVクリーム

商品情報

SPF50+/PA++++ 25ml ¥4,200(税抜)

日本でも大人気の韓国コスメブランド「FEMMUE(ファミュ)」。

どの商品も販売されるたびに人気商品となっていますが、こちらのUVクリームはプロのヘアメイクさんが今年イチオシと紹介していることがとても多いので気になっています。

紫外線吸収剤やナノサイズの粒子を使用せず、スキンケア効果のある植物由来成分とミネラル由来成分のみで作られており、気になる金属由来の成分もしっかりとコーティングされているため安心。

使用感はわかりませんが、SPF50、PA+++でトーンアップ効果もあるそう。抗炎症作用のある成分や保湿成分も配合されているので、スキンケア感覚で使用することができそうだなと購入を検討しています。

まとめ

使ったことがある商品や気になっている商品はありましたか?

今回紹介したものの多くは、友人や知り合いにもおすすめしていますが、肌が弱い人も「肌荒れしにくい」と言ってくれたものばかりです。

ドラッグストアや通販などで購入できるものばかりなので、気になったものからぜひ一度使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です