キレイになって毎日笑顔で過ごしたいあなたに価値ある美容情報を

−3kgもあり!ファスティングダイエット3日間を成功させるための3つの秘訣

ファスティングダイエット3日間

尾崎まり江

こんにちは、神戸でエステサロンを運営、エステティシャン・セラピスト歴20年の尾崎まり江です。

この記事はこんなあなたにおすすめ

  • ファスティング始めてみたいけど食べない自信がない
  • ファスティングをしたことがあるが途中で挫折した
  • いつまでに痩せたいという目標がある

ファスティングダイエット3日間を成功させるための3つの秘訣

ファスティングダイエット3日間

ファスティング中、お腹が空いて挫折するんじゃないか、挫折した経験がある、また、体重を落としたい目標があるなど、ファスティングを成功させたい方のために、その秘訣をお伝えしますね。

①正しい準備・回復期間を必ず設ける
②良質な酵素ドリンクを選ぶ
③目標を明確にして、場合によっては目標達成アプリを活用する

①正しい準備・回復期間を必ず設ける

ファスティングの準備期間は、食べ物が胃に入らない状態に慣らすための期間です。この期間を設けないと、強い空腹感があったり、頭痛などの原因になるなどして、続けにくくなります。

また、ファスティング期間を無事終えても、その後に、反動でどか食いをしたり、味の濃いもの、油っぽいものを食べると、消化不良を引き起こすので、必ず回復期間を設けてください。

正しい準備・回復期間についてはこの記事を参考にしてくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファスティングの好転反応ファスティング3日のための始め方(準備食)&回復食(終わり方)

②良質な酵素ドリンクを選ぶ

野菜そのものが原料で、完全無添加の酵素ドリンクを選ぶようにしてください。

また旬の野菜を選んでいる、砂糖やハチミツ、香料などで味付けしていない、水や糖液で薄めていない商品を選ぶことで、ファスティング中の空腹感、栄養不足を回避できます。

おすすめの酵素ドリンクはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
エリカ健康道場の酵素ドリンク「優光泉」でファスティング酵素ドリンク「優光泉」のエリカ健康道場で正しいファスティング聞いてきました!

③目標達成・習慣化アプリを活用する

まずは、なりたい自分をイメージしたり、いつまでに何kg減量したいか?など、目標を明確にしましょう。

どうしても挫折しそうという方は、ファスティング仲間を募って実施するほか、みんチャレなどの目標達成アプリや習慣化アプリを活用しましょう。
参考 みんなと続ける習慣化アプリみんチャレ

3日間ファスティング実施前に確認してください

ファスティングダイエット3日間

3日間ファスティングは、いきなり3日間、食事を抜けばいいというものではなく、事前に食べ物が胃に入らない状態になれるための準備が必要です。

この準備期間を置くことで、3日間ファスティングの間、強い空腹感を感じなかったり、体調が悪くなるなどのトラブルを回避できます。

また、3日間食べていなかった反動で、油っぽいものや甘いもの、たくさんの量の食べ物を食べてしまうと、消化不良を起こす可能性もあるため、ファスティング後の回復期間も必ず設けてください。

ファスティング前後の準備期間〜回復期間までの注意事項や食事のメニュー例を解説した記事はこちらを参考にしてくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ファスティングの好転反応ファスティング3日のための始め方(準備食)&回復食(終わり方)

3日間ファスティング中の注意事項

ファスティングダイエット3日間

3日間ファスティングダイエットを成功させるためにも、以下のことに注意しましょう。

  • 酵素シロップで必要な栄養素は摂取する
  • 水分を2リットル摂る
  • 激しい運動は避ける
  • 長い入浴は避ける

おすすめの酵素シロップはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
エリカ健康道場の酵素ドリンク「優光泉」でファスティング酵素ドリンク「優光泉」のエリカ健康道場で正しいファスティング聞いてきました!

3日間ファスティング中に起こりうること

  • 頭が痛くなる
  • 眠くなる
  • 便が柔らかくなるor便秘になる
  • 空腹感やふらつきがある

頭が痛くなったらすること

ファスティング中は、塩分の摂取もなくなるため、体が塩分不足に陥ります。

ファスティング中の頭痛は、塩分不足が原因の一つと言われています。そのため、少量の塩を舐めて対処します。

途中で体調が悪くなったら?

途中で体調が悪くなったり、風邪を引くなど病気になった場合は、体調を最優先して、ファスティングはすぐに中止してください。

眠くなったら?

無理せず、横になって休める時間を取りましょう。

筆者は、通常通り仕事をしていることも多く、外出したり人と会ったりしていたためか、眠気や空腹を感じることはありません。

しかし、体力に自信がなかったり、日頃、疲れやすい方は、自宅でいつでも横になれる状態にしておいた方がいいでしょう。

空腹感やふらつきがあった場合

2日目くらいから体に蓄積されたエネルギーが消費されて、軽い低血糖や空腹感、ふらつきを感じます。その場合は、酵素シロップを補給しましょう。

便が緩くなるor便秘になる

ファスティング実践中に起こる一時的なものと考えられるため、様子をみます。安易に薬の服用はしないでください。

3日間ファスティングダイエットの方法

ファスティングダイエット3日間

3日間ファスティングダイエットを行う前に、知っておいてほしいのは、全ての人が減量できるわけではないということです。

あくまでも、ファスティングは、健康維持、健康増進のために行うため、日頃、働き続けている内臓を休めて、リセットすることが目的です。

痩せた方がいい人は体重や体脂肪率が減りますが、逆に、痩せている人は体重が増加することもあるということを念頭に置いて始めてください。

酵素ドリンクの飲み方

メーカーによって異なりますので、飲み方を事前に確認しておきましょう。

ここで紹介している優光泉の場合は、原液を水で4倍〜6倍に薄めることが推奨されていますが、基本的にはお好みの濃さでOK。

エリカ健康道場の酵素ドリンク「優光泉」でファスティング

↑ エリカ健康道場の酵素ドリンク「優光泉」

炭酸水で割っても大丈夫です。優光泉には、炭酸で割ってあるものもあります。すぐに飲めるので、希釈が面倒だったり、外出先で飲みたい方におすすめです。

寒い日に冷たい飲み物を飲むのが苦手な場合は、60〜70度のお湯で割ってもOKです。目安は、沸騰したお湯に同量の水を混ぜることで、約60度のお湯になります。

ファスティング中の酵素シロップ摂取量&その他の飲み物について

エリカ健康道場の酵素ドリンク「優光泉」でファスティング

3食、食事の代わりに、酵素シロップを水や炭酸水で割ったものを飲みます。

3日間は、酵素ドリンクの他に、水などの水分のみを摂取します。

空腹に慣れていない1日目は、酵素シロップの量を増やしたり、朝昼晩以外の間食に、酵素ドリンクを飲みます。

下記は、筆者がファスティングを実施したときの1例です。朝昼晩それぞれ50mlずつを希釈して飲み、間に20〜30mlを希釈して飲むことが多いのですが、日によって、空腹感がいつもよりある場合は、酵素シロップの量を増やしています。

1日目酵素シロップ200ml /日玄米コーヒー1杯
2日目酵素シロップ260ml /日玄米コーヒー1杯
3日目酵素シロップ210ml /日玄米コーヒー1杯

水分と言っても、糖分や保存料、香料、着色料などの添加物、カフェインが含まれている飲み物、動物性脂肪が含まれている牛乳の摂取は避けてください。

ノンカフェインの飲み物、ルイボスティーや玄米コーヒーなどは、飲んでもOKです。

生活スタイルに合わせたファスティング方法

エリカ健康道場の酵素ドリンク「優光泉」でファスティング

3日間のファスティングを行うには、3日間ずつの準備期間と回復期間が必要です。

そのためには、合計9日間の日数が必要になります。

7日間ファスティングもありますが、それを実践するには、21日間の日数が必要です。

お仕事でお付き合いが多かったり、家族がいて、なかなかこの日数は難しいという場合でも、個々のライフスタイルに合ったファスティング方法もあります。

健康維持や健康増進のために行うファスティングがストレスになっては、元も子もないので、楽しみながら実施していきましょう。

置き換えファスティング

1日3食のうち、1〜2食を酵素シロップに置き換える方法です。

夜はお付き合いが多い、家族と食事しなければいけないという方におすすめ。

朝昼、または、どちらかを酵素シロップだけを飲みます。酵素シロップは、20〜30mlを水で希釈して飲みます。

お腹が空いたら、食間に飲んでもOK。

1日ファスティング

1日だけ食事を3食抜きます。3日ファスティングと同様、固形物は摂らず、水や酵素シロップなどを摂取します。

ファスティング前後には、各1日ずつ準備日と回復日を必ず設けてください。

準備食と回復食のメニュー例はこちらの記事を参考にしてくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ファスティングの好転反応ファスティング3日のための始め方(準備食)&回復食(終わり方)

まとめ

今回は、ファスティングダイエットを成功させる秘訣をお伝えしました。

私も食べることが好きなので、ファスティングを生活に取り入れるまでは、3日間も食べないことが想像できませんでした。

ですが、実際にやってみると、むくみがどんどん取れて、体が軽くなっていき、頭まですっきりしてくるのが心地よく感じます。

日数があまり取れない時は、1日ファスティングや置き換えファスティングも取り入れています。

ファスティング後は、薄味でも食べ物が美味しく感じられますし、わざわざ体に良くなさそうなものは食べたくなくなります。

お酒の量も減りました(笑)

日頃、食事に気を遣えない、コンビニ食や外食、お付き合いで飲み会が多いという方は、ぜひ体内をリセットして、健康維持・増進を心がけてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です