キレイになって毎日笑顔で過ごしたいあなたに価値ある美容情報を

しっとり潤う!ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミレビュー

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

日々のお手入れをどれだけ丁寧にしていても、30代後半から40代に入ると気になり始めるのがしわやたるみをはじめとした、肌の衰え

そんな年齢肌を感じたとき、ふと頭をよぎるのがCMでもおなじみの再春館製薬所のドモホルンリンクル。

とはいえ、「しわやたるみができてしまった今からでも、ケアは間に合う?」「CMは頻繁に見るけど、お試しセットだけの注文でも大丈夫?」といった疑問をお持ちの方も多いのでは?

そこで今回は40年以上の歴史を誇るドモホルンリンクルの「保護乳液」について、徹底的にご紹介! お肌の衰えが気になりだしはじめた方はぜひご覧ください。

ドモホルンリンクルの保護乳液はこんなあなたにおすすめ!

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

  • 30代半ばから40代に入り、肌の衰えを感じはじめてきた
  • 同年代の女性と写真をとると自分だけ老けて見えるような気がする
  • ドモホルンリンクルのCMを見るたびに気になっていたものの、いまだに試せずにいる
  • お試しセットが気になるけど、しつこい電話勧誘がこないか不安で頼めない

一言で年齢肌といっても、その原因はさまざま。

年齢を重ねることにより、お肌のターンオーバーが遅くなったり、修復機能が衰えたりする「過労年齢」。蓄積された紫外線が肌の真皮にまで入り込み、細胞を傷つけて老化を加速させる「光老化」などが原因となり、しわやたるみといった肌の衰えを感じさせてしまうのです。

ドモホルンリンクルは、そんな衰えはじめた肌をサポートし、自分の肌でコラーゲンをつくりだす力をつける基礎化粧品なのです。

ドモホルンリンクル詳細を公式サイトで見るならこちら

ドモホルンリンクル 保護乳液を使ってみた口コミレビュー

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

基礎お手入れの最後に使用する「保護乳液」に求められるのは、いかにうるおいを逃さず、肌に蓋をするエモリエント効果を発揮できるかということ。

そこで実際に筆者が使用して感じた「保護乳液」ならではの特徴や使用感について、お伝えしたいと思います。

■「保護乳液」の使用方法

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

8アイテムある中で7番目に使用する「保護乳液」。夜のお手入れでは「光対策 素肌ドレスクリーム」は使用しないため、実質はお手入れの最後に使用するアイテムとなります。

使用方法については、以下の通りです。

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

画像引用 – ドモホルンリンクル公式サイト https://www.saishunkan.co.jp/domo/

「保護乳液」の公式推奨の使用量は、1回につき1プッシュ(500円玉大)。

肌に塗りこむのではなく、手のひら全体を使い押さえ込むようにじっくりと浸透を待ちましょう。目周りや小鼻といった細かい部分は指先を使い、塗り忘れの箇所がないようにすることがポイントです。

また詳しい使用方法は公式YouTubeの動画からも確認できます。

動画引用 – ドモホルンリンクル公式YouTube

■「保護乳液」の特徴や使用感は?

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

基礎お手入れの最初に使用した「保湿液」等と同様、「保護乳液」にも残りの量が一目でわかるラインが引かれています。

乳液をはじめとした油分が多めのアイテムは、水溶性成分がメインである化粧水とは違い、手に持ったときの重さで残りの量を確認しづらいため、このようにラインが引かれているのは、使用を続けるうえでもうれしいポイントではないでしょうか。

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

またお手入れの最後に使用する乳液やクリームは、多めの量を使用してしっかり肌に蓋をすることを推奨するブランドもありますが、ドモホルンリンクルの「保護乳液」の場合は、ワンプッシュの量で十分な保護効果を発揮してくれます。

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

そして肝心のテクスチャーはというと、一般的な乳液と同様、水分と油分がバランスよく配合されたタイプ。

手のひらにワンプッシュだけ乗せてみると、とろみもあまり感じず、お手入れの最後に使用するアイテムとしては、しっかり肌に蓋をして保護できるのか?

という不安も感じてしまうほど、さらっと流れるようなテクスチャーです。

しかし実際に肌の上に乗せてみると、伸ばせば伸ばすほどとろみが出てきて、強いべたつきも感じました。

ただ、公式が推奨する使用方法の通り、水っぽさがなくなるまで手のひらでおさえ浸透を待つと、数分で手のひらに吸いつくようなもっちり感が。気になるべたつきも時間の経過とともに気にならなくなりました。

浸透までに多少の時間がかかりますが、一度、浸透してしまえば、朝のメイク後も乾燥に悩まされることもなく、夜の就寝タイムも起床時までもちっとした感触が残る肌のまま過ごすことができそうです。

ドモホルンリンクル 保護乳液のみんなの評判は?

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

お手入れの最後に使用するドモホルンリンクルの「保護乳液」。そこで気になるのが名前の通り、どれほどのエモリエント効果があり肌を保護してくれるのか?

ということ。実際に購入者の方の口コミをチェックしてみました。

■評判のいい口コミ

これまで使用してきた乳液と違い、化粧水のようにぐんぐんと肌に浸透していきます。とろみのある化粧品は苦手だったのですが、こちらの保護乳液の使用感はお気に入りです。また乾燥がひどいときは、スタッフの方にいただいたアドバイスの通り、二度づけするようにしています。(30代女性)

口コミ

肌に乗せた直後はべたつき感が強いですが、10分ほどすればおさまります。私は夜のみ使用しているのですが、翌朝になると肌の変化を感じます。朝起きると必ずできていた縦しわも気にならなくなりました。(50代女性)
使い始めは独特のべたべたが気になり、保護乳液の前に使うクリーム20でかなりこってりしていたので必要ないかも……と思っていたのですが。よく馴染ませてみると、時間が経つにつれお肌に浸透していき、とてもしっとりします。一日の最後に使うアイテムということもあり、気持ちもほぐれてぐっすり睡眠がとれるようになりました。(40代女性)

初めて使用した際は、べたつくテクスチャーに戸惑う方も多いよう。ただ、時間の経過とともに肌へと浸透していく実感ができ、そこでようやく保護乳液の必要性に気がついたとの感動の声が多くあがっていました。

■評判のいまいちな口コミ

口コミ

クリームの後に乳液を塗るとのことで、順番的に大丈夫かな?と思っていたのですが、しっかりベールがつくられている感じがありちょうど良かったです。ただ、いろいろ重ねすぎてべたべたするのが気になりました。(40代女性)
多めに油分が入っているので、乳液というよりはオイルみたいな感じ。悪くはありませんでしたが、特にこれといったポイントもなく普通でした。(40代女性)

「保護乳液」はお手入れの最後に使用するアイテムであるため、前のステップで使用したアイテムの浸透を待つ前に塗ると、べたつきが気になったり、しっかり浸透しなかったりする場合もあります。そのべたつきが気になる方も中にはおられたようです。

ドモホルンリンクル 保護乳液はまずお試しセットから

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

画像引用 – ドモホルンリンクル公式サイト https://www.saishunkan.co.jp/domo/

ドモホルンリンクルは、CMでもご紹介している通り、まずはお試しセットから始めてみることを推奨しています。

というのも、ドモホルンリンクルの基礎化粧品はライン使いをすることで、効果が期待できるシリーズです。そのため1つのアイテムだけでなく、8点すべてのアイテムを通して、肌の変化を実感してみてください。

またお試しセットを注文する際、申込みフォーム内の「お電話でのアドバイス」の欄で「希望しない」を選択すれば、その後、「ドモホルンリンクル」から電話がかかってくることもないため、電話勧誘が苦手な方でも安心してお申込みいただけます。

しわやたるみが気になり、年齢肌を感じはじめたら、まずは「ちょっと試してみようかな」という気持ちで、無料お試しセットを手に取ってみてはいかがでしょうか。

【無料お試しセット(約3日分)】

  • 化粧落としジェル
  • 洗顔石鹸
  • 泡の集中パック
  • 保湿液
  • 美活肌エキス
  • クリーム20
  • 保護乳液
  • 光対策 素肌ドレスクリーム

【ドモホルンリンクル 保護乳液】

  • 内容量 100mL(約70日分)
  • 値段 5,500円(税込)

ドモホルンリンクルお試しセットを申し込む

ドモホルンリンクル 保護乳液の成分や特長について

お手入れの最後に使用する「保護乳液」は、必要な成分を閉じ込め、乾燥や刺激から肌を守ってくれる美容乳液です。

そんな「保護乳液」の特徴や配合されている成分についてもご紹介したいと思います。

■3層のバリアで徹底的にガード

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

画像引用 – ドモホルンリンクル公式サイト https://www.saishunkan.co.jp/domo/

乾燥や刺激により、傷つきやすいデリケートな肌を守るために、ドモホルンリンクルの「保護乳液」は表皮にある3層(皮脂膜、角層、タイトジャンクション)のバリアを徹底的に強化しています。

この3層のバリアを強化することにより、外部刺激から肌を守り、ダメージに負けない肌へと導くことが可能となったのです。

■乾燥やダメージから24時間守られる肌へ

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

乳液であるにもかかわらず、軽めの使い心地で余計なべたつきを感じさせない「保護乳液」。

ただ使用感は軽めではあるものの、前のステップで使用したアイテムの水分や成分を逃さぬよう、しっかり閉じ込める働きをします。

この働きにより、使うたびに乾燥をはじめとしたダメージを寄せつけない肌へと改善。なめらかなベールで肌の表面が整い、ツヤ感を出しつつも、しっとりとしたもちもち肌が実感できるようになるのです。

■「保護乳液」こだわりの成分

ドモホルンリンクル 保護乳液の保湿効果を口コミ

ドモホルンリンクルの「保護乳液」には、こだわりの3種の成分が配合されています。

【ピンピネラエキス】

肌サビに立ち向かう力を持ち、外部からのダメージを徹底的にブロックし、肌をすこやかに保ちます。

【ハナビラタケエキス】

3層バリアのひとつである「角層細胞をつなぐ働き(タイトジャンクション)」を助け、肌を保護する役割を持ちます。

【ヒト型天然セラミド】

人の皮膚に元々存在するセラミドと同じ構造の天然セラミド。3層バリアのひとつである「角層バリア」を補強し、肌を保護します。

これら3種の成分の働きにより、「保護乳液」は外部刺激から肌を守りつつ、他のアイテムで肌に浸透させたうるおい成分等をしっかり閉じ込めてくれるのです。

ドモホルンリンクルを試してみる

まとめ

年齢肌を感じた肌にとって重要なのは、必要な成分を与える力と守る力です。

ドモホルンリンクルの「保護乳液」は、後者である守る力に特化したアイテム。「保湿液」「美容液」「クリーム」と年齢肌改善のサポートをするアイテムにより与えられた成分をしっかり閉じ込め、肌を外部のダメージから守ってくれる基礎化粧品なのです。

そんな肌を守る役割も果たしつつ、使い心地にも満足できる「保護乳液」。

気になる方は、ぜひ、お試しセットから始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です